IT機器調達コストを絶対に下げる方法~リース・レンタル

⇩商品名や型番で検索
0120-222-762

IT機器調達コストを絶対に下げる方法~リース・レンタル

IT機器調達コストを絶対に下げる方法~リース・レンタル
職場でIT機器を準備するとなると、初期投資にかなりの費用がかかります。
台数や構成にもよるのですが、全て購入となると大変です。 一般にはリース契約という方法を使用しますが、金額的には個人で分割購入する場合とそれほど違いはありません。 ですが、リースの場合、リース期間が満了となると、その機器を返却するか、再リース、また買い取りが可能となります。
新製品を考えるのであれば、返却し、新しい製品のリース契約を結ぶということになります。 リースの期間を考えれば、スペック的にも古くなっているということもあるので、返却して新しい機器のリースを考えるのもよさそうです。
返却しない場合は、再リースを行うことで安く契約できますから、経費の節約にもつながるのです。 サーバー等の場合は、再リースは一般的ですが、パソコンとなると、新規契約がいいかもしれません。

人気のパソコンは?

オフィスでの使用を考えれば、デスクトップがいいということになりますが、客先での使用や持ち運びを考えれば、ウルトラブックが人気です。
ウルトラブックと聞くとノートパソコンの商品名のようですが、実際のウルトラブックはインテルの提唱する軽量で薄型のモバイル型ノートパソコンのことです。
そのウルトラブックの特徴として、光学ドライブがついていなかったり、バッテリー交換ができないというデメリットがあるのですが、モバイルとして考えれば、起動も早く持ち運びが便利というメリットがかなり大きくなります。
人気のパソコンは?
オフィスでの使用で画面が小さいと感じるようであれば、オフィス用に大きめの外部ディスプレイを準備するというのも一つの方法です。これなら、大きな画面が使用できつつ、モバイルでも便利なのです。 ネットワークに関しても、以前なら有線LANでネットワークに接続していましたが、ウルトラブック等のノートパソコンであれば、WiFiによる無線LANがついているので、簡単なセットアップでネットワークに接続することが可能になります。

ウイルス対策は必須

社内でパソコン等を使用し、インターネットを使用する場合、ウイルス対策は必須となります。 もちろん、ウイルス対策ソフトを導入する場合、費用がかかりますが、もしウイルスに感染した場合のリスクと回復のために費用を考えれば、ウイルス対策ソフトの導入費用のほうがはるかに安くつくということにもなるのです。 ウイルス対策ソフトはライセンス購入を言う方法もありますから、台数が多い場合はそれを検討してみてください。 また、パソコンのレンタルの場合でもウイルス対策ソフトは必要となるのですが、レンタル期間等も考慮して、購入もしくはレンタルもあるので、考えて見ましょう。
ウイルス対策は必須

おすすすめ商品

お問い合わせ窓口(無料)

ご不明な点が解決しない場合は下記よりお問い合わせください。

■サービスに関するお問い合わせフォームはこちら

■レンタルサービスにおける電話でのお問い合わせ

0120-222-762

受付時間:月曜~金曜日 午前9時~午後6時 通話無料 (土日・祝日を除く)

かんたん無料見積り

お見積スタート

入力内容に不備がある場合、お見積り金額の計算が出来ないことがございますので、正しい情報をご入力下さい。

 今すぐお問い合わせ
閉じる
電話見積はこちらから →
 
0120-222-762